北海道大学大学院情報科学研究科

研究紹介

  • HOME »
  • 研究紹介

パターン認識

サンプルの入手、特徴の抽出, 識別規則の構成の三つの処理をまとめて一つのフィードバックをもつ系として捉えることにより、性能の高い認識系を開発する研究を行っています。(手書き文字認識、バイオメトリクス認証、好みの認証,医療診断など)[詳細]

識別子の構成

追跡型体積プロトタイプ

高速PC最近隣識別子

特徴選択

マルチラベル問題

キーワード:識別子k最近隣法特徴選択体積プロトタイプマルチラベル識別

ソフト認証と健康モニタリング(妖精IT)

虹彩などのバイオメトリクス認証を利用した厳格な認証(ハード認証)ではなく、パーソナライズされたサービス提供を目的とした、ユーザに負担のかからない認証(ソフト認証)の研究を行っています。(天井に設置された赤外線センサーによるユーザ追跡、椅子に取りつけた圧力センサーによる個人認証など)。椅子センサーを使った研究は、着席者の姿勢認証や振舞い分析、さらに、疲労測定にまで広がっています。何も持たせず監視されている気分にもさせずにその人を見守る、未来の認証技術として取材も多くあります[詳細]

妖精IT

ユーザ追跡

認証動作を必要としないユーザ認証

着席者の健康モニタリング

転倒検出と転倒予防

眠気要因の発見

キーワード:妖精IT,ソフト認証,ユーザ認証転倒検出眠気検出

ネットワーク分析

人や物の間には様々な関係があり、それらはネットワークという形で表現できます。ソーシャルネットワークや通信ネットワークも人や物の間に存在する、ある関係の表れと考えることができます。ネットワークを分析することにより、それらの関係から有意義な知識が得られる可能性があります。当研究室では、主にソーシャルネットワークなど、インターネット上に存在するネットワーク構造やそれらの時系列変化に着目し研究を行っています。[詳細]

コミュニティー発見

異常検出

トレンド追跡

影響最大化

キーワード:関係データ解析異常検知グラフ時系列テンソル分解影響最大化

オンライン学習

インターネットの発展により、ユーザとシステムのインタラクションが容易になりました。インタラクションを介して、システムはユーザの嗜好を学習し、より良いサービスを提供することが可能です。広告配信やレコメンデーションなどにおいて有効なオンライン配信情報選択法などを研究しています。[詳細]

バンディット問題

レコメンデーション

キーワード:オンライン学習機械学習, 学習理論

ストリングアルゴリズム

ゲノムプロジェクトの進行に伴い、様々な生物の染色体の巨大な塩基配列明らかになってきました。また、コンピュータや通信の発達により、様々な時系列データが自動的に記録され蓄えられています。これらの巨大シーケンスを分析するストリングアルゴリズムの開発を行っています。特に繰り返し現れる類似構造に着目し研究しています。[詳細]

繰返し構造分析

キーワード:タンデムリピート散在繰り返し構造

PAGETOP
Copyright © 情報認識学研究室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.